群馬の庭造り専門店(有)田熊造園土木 館林市 

本文へジャンプ

HOME 庭園管理・工場緑地管理 造園・外構工事 熊造庭日記 求人情報 当社施行物件 会社概要 お問い合わせ リンク

造園・外構工事施工例

前橋市N様邸造園・外構工事ドキュメント!!



「トータルバランスを重視した白き庭」



「着工前」

私は白が基調なオシャレな建物だと思いますが・・・

お客様曰く何の変哲も無い家(^^;)

その考えを良い意味でシッカリと覆していきましょう(^^)



まずは仕切りとなるブロックの基礎造りからスタート!!



すき取り完了!!



砕石を入れてシッカリと転圧。



それから枠を組んでいきます。



生コンを流し込みブロックを積み始めます!!



一段ずつ積み上げ南側の境界が出来上がりました。



西側にも同じように積んでいきます。



サイズ違いのブロックを積み、凹凸を付けていきます。

これがポイント(^^)



これで、第一弾のブロック積みは完了!!



お隣さんちとの境界ブロック。

目隠しを想定して高くしたらしいですが・・・

スケスケのフェンス(^^;)



柱を活かし、目隠し効果のあるフェンスに変更!!

これでお互いのプライバシーが保てますね(^^)



お次は植栽部分の土入れ作業。

その前に土質の悪い部分を撤去。



その後クレーンを使用しながら土をいれていきます。



良質の赤黒土をタップリと運びいれました。



ここから石組みのスタート!!

4t車に大きめな石をタップリ積み込み・・・



2t車には小ぶりな石を。



早速組み始めます!!



次の作業との兼ね合いがあるためとりあえずココまで。



そして奥様熱望の鉄平石の敷設。



ご要望通りの大判で奥様にも喜んで頂きました(^^)

本当に人気ありますね!!



石組み&鉄平石の敷設が終わったらお楽しみの植栽!!



花が咲く・葉が綺麗・紅葉の色違い等々。

様々な植木を植栽。

四季折々の変化を楽しんで頂ける様にチョイスしました。



植栽も石組みを止めた所まででストップ。



お次は今回の主役とも言える一品。



玄関先の軒が短く、出てすぐに濡れるのが凄く不便だというお話。

玄関先に屋根をというご要望でした。

そこで登場するのがこの商品。

LIXILのプラスG

まずは基本となる柱の建て込みから!!



大きさはお客様・LIXILの担当さんと私。

みんなで考えて庭と家にしっかりと馴染むサイズを考えました。



柱が出来たら屋根の組み付け開始!!



これだけ見ると普通のテラスやカーポートのようですが・・・(^^;)



屋根材の下に天井を貼っていくとガラッと様変わり!!



玄関の木目に合わせコチラも同じ木目模様。

そこにダウンライトを仕込んでまいります。



天井を全て貼り付け、ダウンライトも設置完了!!

単品でみると良い感じですが・・・

このままだとかなり庭の中で存在感があり過ぎて浮いてます(^^;)

それを馴染ませ、一体感を持たせて行くのが私たちの仕事(^^)/



コチラのブロックをお化粧し、プラスGと建物を一体化させていきます。



そのポイントとなるのがこのブロックの凹んだ部分。



プラスGと同じLIXILの木目パネルが入りました(^^)



門柱部分も!!



しっかりと木目仕様!!



だいぶ一体感が出てきましたが・・・まだもう一歩。



そのもう一歩は木目の縁周りを建物と同色に塗装!!

塗り立てなので真新しい感じですが、落ち着いてくると建物と同じ色になっていきます。

これで建物とプラスGの一体感が生まれました(^^)



全部塗ってしまうのも面白くないので・・・

天然の石材を貼り付け重厚感をプラスしていきます。



ここにも植栽をしていくため、土を搬入!!



だいぶ形になって来ました。



お次はデッキの作成!!

今回もウリン材を使用し、ノーメンテ高耐久なデッキを作ります。

まずは土台造りです。



土台を造りながら防草シートを敷き込み、仕上げとなる砂利を先行して入れておきます。



とても固く加工しにくいうろん材ですが、シッカリと加工して納めます。



そして、二部屋を結ぶデッキの完成!!



デッキが完成したら、石組みの続き&植栽!!



門柱前にも市場で一目惚れした姿の良いモミジを植栽(^^)



植栽が入ると一気にまとまりのあるお庭に変身します!!



植栽が終わり、これまた同じ木目模様のフェンスを取り付け!!

金物部分はサッシと同色のアーバングレー。

木目部分は玄関・バルコニーと同色の木目模様。

プラスGが単体で浮くこと無くしっかりと調和致しました。



そして、内部の砂利敷き。



最後に各部に照明の設置。



全ての照明の点灯確認をして・・・



完成です!!


お客様が何の変哲も無い建物と仰いましたが・・・

全然!!

素晴らしい建物です(^^)



春になり、落葉樹が芽吹き始めるとまたガラッと変化致します。

これが一番庭としては寂しい時期なので春が楽しみでなりません(^^)



散々試行錯誤したプラスGもとっても良い感じに収まりました。



木目と白色だけだとクールなイメージになり過ぎてしまいますが・・・

天然石を貼り付けた部分が良いアクセントなり見た目を和らげてくれます。



奥様ご要望の鉄平石は伸びやかなアールを描きながら奥行き感を演出。



デッキ前には優しい葉の雰囲気が特徴のアオダモを配置。

春の息吹を感じられます。



門柱及びエントランス付近はモダンな設計ですが、基本設計は和風。

見る角度によってまた違う表情が楽しめます。



春から秋にかけては緑に包まれた生活。

冬の時期はタップリと太陽の光を建物内に届けるよう植栽しました。



今回はこのプラスGと建物をどう合わせていくかが最大の課題でした。

その為に行ったのは建物に使ってある部材と色を合わせること。

全体的な設計の中で中和していくこと。

そして、最後に植栽を絡めて調和させていくことでした。

お客様も本当に喜んで下さり、私たちにとっても大変勉強になり、楽しい工事となりました(^^)



こうして、昼間でもタップリと楽しんで頂けるお庭ですが・・・

夜の景色もまた違った表情で楽しませてくれます(^^)









ドキュメントTOPへ

<HOMEに戻る>





有限会社 田熊造園土木

Copyright (c) Tagumazouen All rights reserved.
 

'>